格安への乗り換えは何かと不安があるものです。その心配を解消してしまえば、実は簡単に乗り換えることはできます。その方法をお伝えします。

格安への乗り換え

格安への乗り換えでキャッシュバックはなくても結局安い!


■ キャッシュバックは規制のため激減

かつて、大手携帯電話会社が自社への乗り換えを促すために、端末の代金を実質無料にしたり、多額のキャッシュバックを払って誘導することが横行していました。

乗り換えユーザーは短期に乗り換えを繰り返し、ただで手に入れた端末が中古市場に流れ、それが回り回って安いスマホとして海外に出回ることにつながりました。

本来高いはずのスマホが安く出回ったのは、結局は日本のスマホ利用者が高い料金を払っているからこそできることだったのです。

そこで総務省はスマホの端末代金を0円にしたり実質無料になるようなサービスをやめて、スマホ料金を安くするように指導してきました。

その結果、大手からはキャッシュバックは消えてしまい、大手の間で乗り換えをしてもそれほどおいしい話にはならなくなったのです。

それよりも格安スマホに乗り換えた方がよほど安くあがるのです。

ようやく健全な状態になったのです。


■ 格安スマホのカラクリ

格安スマホがなぜ安くできるかをご存じでしょうか?

以前は通信回線を持っていないと通信事業をしてはいけなかったのですが、規制緩和で回線を持っていなくても通信サービスをしても良いことになりました。

そこで、大手携帯電話会社の回線網を借りて事業をする会社がたくさんできました。

そのとき、大手の携帯電話会社とは違って、店舗を持たずにネットで売る方法を主にして料金を値下げする方法を採用しました。

これが格安スマホなのです。

毎月の料金は大手の半分〜1/3のかなり安い料金なのです。

特に、通話をほとんどしない人にとって、通話契約をしない「データ専用」の契約もありますし、

通話をする場合でも最低料金の通話契約だけですませることもできます。

そんなことにより格安スマホは実現されているのです。


■ 格安スマホにキャッシュバックはない

もともと月額料金が安いため、ほとんどの格安スマホではキャッシュバックのような特典はありません。

キャッシュバックをもらう方がお得に見えるかもしれませんが、キャッシュバックとは契約して払うお金の一部が戻ることですから、

もともと月額料金が安いなら、キャッシュバックをもらうまでもなくお得なのです。

キャッシュバックがないからあまりお得でない印象を受けるかもしれませんが、一時的なキャッシュバックよりも、ずっと安い料金の方が明らかにお得です。

そうわかってしまえば、格安でのキャッシュバックがなくても残念に思う必要がないのです。

とはいえ、全くキャッシュバックのようなサービスがないかというとそうでもないのです。

初年度だけ安い料金をさらに割引しているのです。

マイネオでは、当初1年間は毎月900円の割引です。小さいようですが、1年で10,800円です。

キャッシュバックの方が嬉しいかもしれませんが、キャッシュバックを受けるには手続きが必要です。

料金の割引期なら、手続きなく安いので便利なのです。