格安への乗り換えは何かと不安があるものです。その心配を解消してしまえば、実は簡単に乗り換えることはできます。その方法をお伝えします。

格安への乗り換え

auから格安への乗り換え SIMロック端末は選択肢少ない


■ ドコモに比べるとauは格安SIMが少ない

auは格安スマホに回線を提供するのが割と遅かったせいか、ドコモに比べるとauの回線を使う事業者は少ないです。

現在のところ、UQモバイル、マイネオ、IIJmioなどとなっています。

このうち、UQモバイルはauの子会社と言えるので、実質的にはマイネオとIIJmioが中心になります。

マイネオとIIJmioはどちらも安定してサービスを提供している会社ですので、格安スマホの選択肢が多ければいいということではありません。

マイネオもIIJmioもどちらもドコモとauの回線を扱っているのですが、その中でもマイネオはドコモでもauでも回線によらずパケットシェアができるなど魅力的です。


■ スマホの料金を安くする方法

スマホの料金が高い理由は、パケットと呼ばれるデータ通信に対する料金が高いからです。

スマホの料金を安くするには、格安スマホに変えてデータ通信の単価を下げるととともに、パケットの使用量を少なくしていくことが大事です。

パケットを少なくすることも大事ですが、本来必要なパケット量よりも大きな量の契約している人がほとんどです。

その理由は、大手の携帯電話会社で契約するときに、窓口の人から「このくらいはみんな契約していますよ」と割と多めのパケット量をおすすめされるケースが多いと思われます。

少なめのパケット量で契約した結果、月の途中にパケットが足りなくなって通信制限になってしまうと、通信速度が極端に遅くなってスマホを使っていてもイライラすることになります。

そんな風になってしまったら、スマホを提供している携帯電話会社としてもマイナスです。

ですから、そうなりにくい安心なパケット量をおすすめすると、少し多めという風になりがちです。

最近は動画を見る機会もどんどん増えているので、パケット使用量は多くなりがちなのです。


■ 料金以外にも考えること

単に料金だけじゃなく、パケットの有効活用も大事になります。

有効活用とは、契約したパケットをできるだけ使い切ることやムダな通信を発生させないようなことです。

一つの方法は、家族や友達の間でパケットをシェアすることです。

マイネオはパケットのシェアをしたり余ったパケットを人にあげたりもらった利が簡単にできます。

そのため、パケットが少なくなってもなんとかやりくりできるのです。

そうすることで、少し小さめのパケットの契約でも1ヶ月を乗り切ることができるようになります。

また、パケットの使用量を少なくするためにも極力Wi-Fiを使うことが大事になります。

Wi-Fiを使っている間は、携帯電話会社の回線を使わないので、パケットを使わずに済むのです。

こういうことをしながら、ムダなパケットの消費されるのを防ぎます。