格安への乗り換えは何かと不安があるものです。その心配を解消してしまえば、実は簡単に乗り換えることはできます。その方法をお伝えします。

格安への乗り換え

格安への乗り換え方法 端末をそのまま利用するのがお得


■ 格安スマホのメリットは端末が活かせること

格安スマホに乗り換えたいと考えるなら、端末をそのまま使うのか、新規に購入するのかを選択することができます。

ガラケーの時代には、携帯電話会社を乗り換えたときに端末も新調する必要がありました。

それは、SIMロックといって携帯電話各社が自社の電波でないと動かないように端末に制限をかけていたからです。

同じことはスマホになっても続いていましたが、世界標準はSIMフリー端末になっています。

SIMフリー端末とは、携帯電話会社がどこであっても動作する端末のことです。

格安スマホではほとんどがSIMフリー端末となっていて、他の携帯電話会社に乗り換えても端末はそのまま使えるのです。

そこで、総務省は携帯各社に対して、SIMフリーにできるようにするよう指導した結果、2015年5月以降に新規に発売された機種についてはSIMフリー端末に変更できるようになったのです。

ですので、2015年5月以降に発売された機種は、端末そのままに格安スマホに移れます。

SIMロックされたままでも移ることができますが、少々条件があります。


■ SIMロック端末の場合は同じキャリアの電波を使う

2015年5月より前に発売された機種、iPhoneでいうならiPhone6や6Plus、iPhone5sなどです。

これらの機種はSIMロック端末といって、他社の電波は使えない制限になっています。

そういう端末を持っている人が、他社に乗り換える場合には、1つ注意点があります。

それは、同じキャリアの電波を使うことです。

ドコモでスマホを買った人なら、ドコモ系の格安スマホを使います。

auでスマホを買った人も同じくau系の格安スマホを使います。ソフトバンクも同じです。

こうすることで、SIMロック端末でも格安スマホに乗り換えができます。

<ドコモ系の格安スマホ>

・マイネオ
・IIJmio
・DMMモバイル
・LINEモバイル
・OCNモバイルONE
・ビッグローブモバイル
・フリーテル

などで、多数あります。

<au系の格安スマホ>

・マイネオ
・IIJmio

<ソフトバンク系の格安スマホ>
・b-mobile
・U-mobile

当初はデータ通信しかできなかったソフトバンクもようやく通話にも対応してくれました。

これによりSMS認証が必要なLINEなどのアプリも使えるようになります。

これらの格安スマホを使えばSIMロックされた端末を利用できるのです。