格安への乗り換えは何かと不安があるものです。その心配を解消してしまえば、実は簡単に乗り換えることはできます。その方法をお伝えします。

格安への乗り換え

格安への乗り換えタイミング 契約満了まで待たないのがコツ


■ 2年しばりの満了を待たずに乗り換える

大手の携帯電話会社で契約している人にとって、格安スマホへの乗り換えをいつにすべきか悩ましいかもしれません。

ぶっちゃけた言い方をすれば、「思い立ったが吉日」作戦が割と功を奏するといっても良いでしょう。

つまり、2年契約の満了を待つなどタイミングを計るよりも、乗り換えたいと思ったらすぐに行動するのが良いという提案です。

なぜかといえば、早く乗り換えて料金を安くした方が長期的に必ずお得になるからです。

とはいえ、本当にいつでも良いかというと少しはタイミングを見計らった方が良い条件もあります。

そのコツをお伝えしますので、ベストなタイミングを見極める参考にしてください。


■ 契約解除料は手切れ金と割り切る

大手の携帯電話会社が取り決めている契約は、通称「2年しばり」と呼ばれています。

これは、2年の契約が満了すると2ヶ月間だけ契約解除料がないのですが、

その期間内に契約をやめてしまわない限り、契約は自動更新されさらに2年間は途中解約すると契約解除手数料がかかるというひどい契約内容なのです。

その際にかかる契約解除料は9,500円です。税込にすれば1万円を超える金額です。

それまで高い料金を払い続けて、ようやく格安に行こうかとしたら、更新月でない限り「契約解除料を払え」と言ってくるわけです。

理不尽な仕打ちに腹が立つ人も入るでしょう。

ですが、その契約解除料がもったいないと思ってしまっては、余計多くのお金を払ってしまうことになります。

というのはなぜかといえば、格安スマホに乗り換えたら、9,500円の契約解除料は2ヶ月や3ヶ月で元が取れるくらい安くなるのです。

だから、契約解除料の料金にびびって解約を見送ってはいけないのです。

反対に、前倒ししてでも解約した方が長期的には確実にお得になるのです。

いま9,500円払って、3ヶ月後にはその分の元を取り、それ以降は毎月数千円の支払いが減るのです。

そう考えた方がよほどお得なのです。


■ 端末の残債がある場合はタイミングを計る

とはいえ、思いついたらいつでも格安に乗り換えればいいというわけではなく、端末の残債がある人は少し考えましょう。

端末の残債もまた24回払いで払う人が多いと思います。

損残債が残っている場合、契約中は月々割や端末サポートの名称で、料金が割り引かれて実質の端末代金は安くなっています。

しかし、解約してしまうとその毎月のサポート料金はなくなってしまうので、実質的な端末代金は値上がりしてしまいます。

そのことを計算に入れて解約のタイミングを計りましょう。

あと数ヶ月で端末代金の支払いがなくなるなら、少しでも早く契約を解除して格安にいく方法もありますし、

まだ残債が1年近く残っているなら、せめて数ヶ月待ってから乗り換えるという判断もできます。

こういったことを考慮して選びましょう。