格安への乗り換えは何かと不安があるものです。その心配を解消してしまえば、実は簡単に乗り換えることはできます。その方法をお伝えします。

格安への乗り換え

スマホを格安に乗り換えるなら、端末そのまま使うのが安心


■ 端末を変えるのは何かと面倒

iPhoneを乗り換えるとき、前のiPhoneから新しいiPhoneにデータを持っていくことができます。

アンドロイドからiPhone乗り換えるときもデータの移行ができます。

電話帳のデータやその他のデータを持っていくことができます。

アンドロイドを新しい端末に変えるのも同じです。データをそのまま持っていくことはできます。

そうはいっても、データの移行をする作業は簡単ではありません。

パソコンを経由する場合やパソコンと同期してパソコンにあるデータを持っていくことができます。

最近のスマホは容量が大きくなっていますので、データをコピーするだけでも数時間もかかる作業になります。

まずは今のスマホのデータをパソコンと同期して、そのパソコンのデータを新しいスマホに同期するのです。

同期を2回するわけなので、大量のデータのコピーが2回も発生します。

それをUSBケーブル経由で行いますので、転送に時間がかかるのです。


■ データを移行してもすぐに同じように使えるわけじゃない

ようやくデータの移行が終わって、新端末を使い始めると、またパスワードを改めて入力するなどの手間があります。

データの転送は時間はかかりますが待っている間に終わります。

でも、新しい端末を使い始めてパスワードを入力する作業などは結構たいへんです。

パスワードを入力するのが久しぶりで、忘れてしまっていることもあります。

思い出すのに時間がかかるかもしれません。

iPhoneでは端末間でパスワードを共有する方法もあるのですが、それは心配だからあまりやりたくありません。

そうすると新端末の方でパスワードを改めて打ち直す作業が避けられないのです。

それだけではありません。LINEの端末変更の手続きとデータの移動もしなければなりませんし、パズドラなどもそうなのです。

端末が変わるということは意外と面倒な作業が付いて回るのです。


■ 格安への変更と端末変更のタイミングを分ける

そこで考えたいのが、格安に切り替えることと端末を変更するタイミングをずらすことです。

これは全く別の作業として行うことができます。

今の端末のSIMを交換し動くようになったら、別に端末を買ってデータの移行を行います。

その際もSIMを入れ替えたり、新端末に挿入してあげるだけなのです。

こういう風に端末の乗り換えを別のタイミングで行うことで、端末変更時のドタバタを余裕を持って行うことができるようになります。