格安への乗り換えは何かと不安があるものです。その心配を解消してしまえば、実は簡単に乗り換えることはできます。その方法をお伝えします。

格安への乗り換え

iPhoneを格安に乗り換える SIMの設定が簡単なのが嬉しい


■ 契約した携帯電話会社のSIMに合わせた設定の変更が必要

スマホのSIMを新しい携帯電話会社に乗り換えると、その携帯電話の接続先が各社異なるため、APNというiPhoneの設定を切り替えないといけません。

このAPNの設定は、接続先のURLとユーザー名、パスワード、接続プロトコルなどの専門的情報を入力しますが、これが携帯電話会社によって異なります。

アンドロイドの場合は、この情報をスマホ上で打ち込む必要があります。

通常、新しいSIMを手に入れたときは必ずこの設定の変更が必要ですので、SIMを購入すると必ずこの設定を変える手続きが一緒に説明書として付いてきます。

実際、その手順に沿って設定を変更しなければ新しい携帯電話会社を使った通信は始められません。


■ APNの設定が簡単なのはiPhoneらしい

このAPNの設定をiPhoneではとても簡単に設定できます。

SIMに付いてくる説明書にしたがって、Safariを使ってURLを打ち込みます。

そうすると、それに必要な情報をワンタッチで取り込むことができるのです。

これはiPhoneがそういう簡単な方法で設定できるようにしているからです。嬉しいですね。

そうやって、iPhoneでは面倒なAPNの設定を簡単にできるようにしているのです。


■ iPhoneにはSIM交換のピンが付いている

iPhoneには、SIMを交換するためのピンが付いています。

iPhoneを手に持った状態で、右側の長い辺の真ん中くらいに小さな穴があります。そのピンを穴に刺して、SIMスロットを引き出します。

そして、そのスロットに載っていするSIMを取り出し、新たに契約した携帯電話会社のSIMを載せ替えてスロットを閉めます。

iPhoneは自動的にSIMを検知し、先ほど取り込んだAPN情報を使って通信ができるか通信を始めます。

しばらくして3本の電波が立つようになり、3Gや4G、あるいはLTEという表示がされるようになったら通信成功です。


■ 通信の成否を確認する方法

その後、実際に通信できるか試します。

このとき、Wi-Fiは必ず止めます。Wi-Fiを切りにすれば良いですね。

モバイル通信よりWi-Fiの方が優先して使われるので、Wi-Fiを切らないと本当に携帯電話の回線が使えるようになったか判断ができません。

通信ができるようになったかを判断するには、例えばApp Storeを開きます。

ネットワークに接続できないときは、「App Storeに接続できません」などのメッセージが出ます。

画面がちゃんと出るようになったら、モバイル通信は成功です。